【ExcelVBA用ツール】Rangeの範囲指定をCellsでやりたい人向けの変換ツール

スポンサーリンク




趣味のプログラム
スポンサーリンク

ツール

変換したいセルの範囲を入力して変換ボタンを押してください。
下に結果が表示されるのでコピーして使用してください。

Range(Cells(1, 1), Cells(2, 2))

 

セルの入力方法

セルの最初と最後の位置を入力するとCellsを使ったセル範囲に変換します。
セルの間にコロン『  :  』を入れてください。
A1〜ZZZ99999まで対応しています。

 

ツールについて

作成の経緯

ExcelVBAでセルの範囲を指定する方法は2つあります。

①セルの列をローマ字、行を数字で表現する

Range(“A1:B2”)

ぱっと見て分かりやすいが、プログラムとしては扱いにくい。

 

②セルの列と行を数字で表現する

Range(Cells(1, 1), Cells(2, 2))

プログラムとして扱いやすいが、ぱっと見て分かりにくい。

 

セルを操作する場合、変数を使ってセルを指定する方が都合が良いことが多いです。
なので①より②の方が扱いやすいということになります。

ですが、Excelのシートをパッと見て分かるセルの情報は①なので、
①から②に変換できるツールがあれば便利だと考えてこのツールを作成しました。

 

プログラム言語

このツールはJavaScriptで作成しています。
JavaScriptはクライアントのブラウザ上で動作しています。
 
 

VBAはどうやって覚える?

プログラムのコードが読めないと、参考にしているコードの理解や自分でプログラムを書くときに時間がかかってしまいます。
そんな時は基礎から学ぶと応用もできるようになり自分の作りたいプログラムがスムーズに作れるようになります。

無料でやるならネット上の学習サイトを参考にするといいです。
こちらはVBAの基礎から説明している無料のWEBサイトになります。

>>基礎から学べるWEBサイトを見てみる


過去にネットでの学習でつまずいた方には専門書をオススメします。
本なら基礎から学べる事はもちろん、読者視点で分かりやすい解説になっています。
一人で集中してコツコツ進めたい方は書籍を試してください。



本を読んでもわからない所が多すぎたり、誰かに質問したい場合はオンラインスクールを見てみましょう。
カウンセリングから目的に応じた学習プランと教材を提供してくれるので、プログラミングの敷居がとても低くなります。
誰かに相談できるのは心強いです。

>>オンラインスクールを無料体験で始める


タイトルとURLをコピーしました