【新人向け】IPアドレス管理表をゼロから作る。Excelを使った場合の手順を説明します。

スポンサーリンク




ネトエンの仕事の話

ネットワークを管理する場合、IPアドレス一覧が必要になります。
この記事は、

  • IPアドレスの調べ方を知りたい
  • IPアドレスを管理したい

という方の参考になるよう、
今回は自宅の環境を例に作り方を説明します。

スポンサーリンク

IPアドレス管理表

自宅のIPアドレスをまとめるとこうなりました。

IPアドレス管理表にはネットワーク管理で最低限必要になる6項目を選びました。

  • ホスト名
  • IPアドレス
  • サブネットマスク
  • ゲートウェイ
  • 機器の種類
  • 割り当て方法

では各情報をどうやって調べたのかを書いていきます。

ホストのIPを調べる

普段使っているiPhone、PC、IoT家電などがホストになります。

iPhoneの場合

設定->Wi-Fiを選択

チェックの入っているWiーFiの名前の右側にある(i)マークを押します。

少し下にスライドして「IPV4アドレス」があればOKです。

この場合IPアドレスは192.168.50.135です。

サブネットマスクは255.255.255.0です。

サブネットマスクとはIPアドレスがどのアドレスグループに属しているかを示す物です。

今は特に気にする必要はありません。

ちなみにこのIPアドレスはプライベートIPになります。

管理表への記載はこのようになります。

  • ホスト名:iPhone
  • IPアドレス:192.168.50.135
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • ゲートウェイ:192.168.50.1
  • 機器の種類:ホスト
  • 割り当て方法:自動

WindowsPCの場合

Windowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」を表示して「cmd」を入力

コマンドプロンプトで「ipconfig」を入力してENTER

このPCのIPアドレスは192.168.50.217です。

スポンサーリンク

ルータのIP

ホストのIPアドレス情報にあった下記項目を確認します。

  • デフォルト ゲートウェイ
  • ルータ

記載の違いだけなのでどちらでもかまいません、というかルータが1台しかない場合は両方同じIPアドレスになっていると思います。

ネットワーク的にはデフォルトゲートウェイと言うのが一般的です。

また、ルータには2つ以上のIPがあります。

1つは上記で確認した家の中のホストを取りまとめるIPアドレスです。

2つめはルータよりインターネット側と通信するIPアドレスです。

2つめのIPアドレスはルータに接続して確認するしかありません。

私が使っているWi-FiルーターのASUSは、ブラウザにIPアドレスの192.168.50.1を入れるとログイン画面が出てきてログインできます。

ログインした画面です。

画面右側のWANIPに書かれているx.x.205.187がWANIPアドレスです。

WANIPアドレスはキャリアから提供されているIPアドレスなので変更はできません。

通常はWANIP=グローバルIPとしてインターネットへ出ていくIPアドレスになりますが、私の環境の場合は違いました。

次の項目で確認できるグローバルIPと一致しなかったのです。

詳しくは書きませんが、2重NATと言う状態になっているだけで通信に影響はありません。

グローバルIP

ここで書くグローバルIPは実際にインターネット上で使用されるIPアドレスです。

調べ方はこちらのサイトへ接続するだけです。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

私が接続した場合こんな画面が表示されました。

モザイクかけていますが、私の使っているグローバルIPはx.x.41.23なんですね。

このグローバルIPアドレスは悪意を持った人からの攻撃対象になるので、

安易に公開はしないようにしましょう。

と言ってもインターネットのページに接続すると、

そのネットワークやサーバ管理者などには見えてしまうものです。

そういうものです。

スポンサーリンク

スマホやパソコン以外のホスト

レコーダーやアレクサなどの製品も

Wi-Fiへ接続しているならIPアドレスが割り当てられています。

これらの製品も管理ソフトや管理画面からIPアドレスを調べる事ができますが、

製品によって異なるので今回はWi-Fiルータから一括で調べたいと思います。

もう一度ASUSのWi-Fiルータに接続します。

クライアントの「リストを見る」から表示できます。

当たり前ですが、家で使っている物が全部表示されています。

ネットワークはどうやって覚える?

ネットワークといっても基本用語が分からないと都度ネットで調べたりして時間がかかってしまいます。
基礎から学ぶと実際のネットワークを見た時に、その構成の理由を理解できるようになります。

無料でやるならネット上の学習サイトを参考にするといいです。
こちらはネットワークの基礎から説明している無料のWEBサイトになります。

>>基礎から学べるWEBサイトを見てみる


実際に使われるコマンドなど実戦形式で覚えたい方はCCNAの学習をおススメします。
私もこのWEBサイトで勉強して資格を取りました。

>>CCNA学習用WEBサイトを見てみる


過去にネットでの学習でつまずいた方には専門書をオススメします。
本なら基礎から学べる事はもちろん、読者視点で分かりやすい解説になっています。
一人で集中してコツコツ進めたい方は書籍を試してください。



本ではわからない所が多すぎたり、誰かに質問したい場合はオンラインスクールを見てみましょう。
カウンセリングから目的に応じた学習プランと教材を提供してくれるので、ネットワークを覚える敷居がとても低くなります。
誰かに相談できるのは心強いです。

>>ネットワークの基本資格CCNAのオンラインスクールを見てみる


まとめ

IPアドレス管理表を使って何をするの?
となるかもしれませんが、ネットワークの繋がりを理解する為には大切な工程だと思います。
企業でも小規模ネットワークの場合はIPアドレス管理表が無い場合があります。
社内でサーバを立てたりネットワーク増強の際に必要になるので作れるようになっておきたいです。

今回作った表を元に、ネットワーク構成図を作成した記事もあるので参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました